タグ:患者さんへの情報 ( 6 ) タグの人気記事

2012年 09月 17日
電動歯ブラシ、ひと工夫
d0157381_8345520.jpg





電動歯ブラシの毛先はどうしてあんなに使いずらいものが多いのでしょう、私は自分で気に入っている歯ブラシの毛先に代えて使用しています。今日はその方法を紹介します。
先ず、電動歯ブラシのブラシ部分のスペアーを購入し、自分の使い易い歯ブラシも同時に用意します。
d0157381_8404978.jpg














両者とも適当な所でこのように切断します。
d0157381_8444975.jpg



















電動歯ブラシの柄の部分と、気に入っている歯ブラシの毛先部分とをこのように組み合わせます。
d0157381_8494528.jpg
















何でもいいので、炎のでる器具(ここではアルコールトーチ)を使用し両者の切断面をできるだけ均等に溶解します。このとき切断面から僅かに炎が出るくらいが良いタイミングです。
d0157381_8582997.jpg
















溶けたところで両者をあわせ溶着させます。この時、位置が決まったらすぐ冷却したいので水道水の近くでやっています。
d0157381_952539.jpg

















ギャハハ、これで半年位は持ちますよ。

by hana-push | 2012-09-17 08:06
2008年 07月 17日
前向きに「手上げ」してくる子供達
d0157381_1243019.jpg
この子たちは岩滑小学校の今年のブラッシング委員です。
ブラッシング委員?・・・。この子供たちはこれから夏休みにかけて村井歯科医院で「100%磨き」に挑戦するのです。
指導するのは歯科衛生士と臨床研修医です。ブラッシング指導の1回目から口腔内の状態を記録に残しながら子供と一緒になって試行錯誤で指導を進めていくのです。
そして、最後に子供たちをケースプレゼンテ―ションできるところまで高めていきます。
その結果を子供たち自身が「親子ブラッシング」や「ブラッシング教室」などで母親やクラスメート、先生たちの前で発表するのです。また1年生の給食後のブラッシング指導などもしてくれるのです。
この取組みを始めてから(もう10年位になる)、100%磨きに成功した子供が2人いるのです。歯科衛生士学校での訓練の一つに同じような取組みがあるようですがプロを目指している学生でもなかなか達成が難かしいようなので、小学生ですからたいしたものです。 この明るい、前向きな姿勢はきっと患者さんの元気になるはず、今年の様子を伝えていきたいと思っています。

by hana-push | 2008-07-17 01:23
2007年 03月 30日
プラークコントロールスコアーって何だ?
d0157381_128304.jpg
オレリーのプラークコントロールスコアー(PCS)とは1本の歯を4つの面に分けて歯に付いた汚れ(歯垢・プラーク)を調べ、口腔内の汚れ具合をチェックする方法です。主に歯周疾患に対して用いられるため歯のかみ合わせの部分はチェックしないのです。
歯周疾患を治療するためには一般的にスコアーを20%以下にしなければならないといわれています。
左はこの時100%磨きにに挑戦した小学校6年生の女の子のものです。
上のスコアーはこの子が初めて村井歯科医院に来てブラッシング指導を受ける前のプラークコントロールスコアーです。

汚れていた面数/全部の歯の数×4=PCS

で計算すると53.1%に汚れが残っており、半分以上磨き残してしまっています。 しかし、6回目の指導前には何と2%の磨き残ししかなかったのです。

by hana-push | 2007-03-30 01:27
2007年 03月 29日
100%磨き挑戦の子供達と患者さん
d0157381_1302864.jpg

この時100%磨きに挑戦した8人のプラークコントロールスコアーです。2%台になった人が3人もおり、5人が一桁台でした。苦戦していた3人も20%台になっており、たいしたもんです、小学校6年の子供ですよ!。
下の左のグラフはわたし達の治療室を訪れた患者さんの初診のプラークコントロールスコアーです(少し古いデータです)。
  PSC(0~20%):きれいに磨けている人=約2割
  PSC(21~40%):まあまあ磨けている人=約2.5割
  PSC(PSC(41~60%):あまり磨けていない=2.5割
  PSC(61%~):磨けていない人=約3割
歯を悪くして来る患者さんだから歯を上手く磨けなくてもしょうがない・・・・再発予防や重症化予防のためそんなこと言ってられなかったのです。
この頃と比べると最近の患者さんの口の中がほんときれいになってきた。昔とは隔世の感があります。
開業した当時「あそこの歯医者に行くと、歯磨きの練習ばかり、嫌だから行くのをやめた」等と患者さんに陰口たたかれていたのですから。

by hana-push | 2007-03-29 01:29
2007年 03月 03日
明るくいかないと病気は防げない
d0157381_1262834.jpg

学校歯科医になってからもう30年はなるでしょう。予防の重要性はそれなりに気が付いてたので、自分で言うのも変ですが、わりと熱心に取り組んでいたのです。
しかし、最初の20年間は「脅し」の保健指導に終始していたのです、いわゆるネガティブキャンペーン。
ある時、子供たちに100%磨きに挑戦させてその結果をクラスの仲間に見せてやるのはどうだろうと思い付いたのです。
左の写真は日付けを見たら1998年となっていました、子供たちの表情が明るいでしょう、この辺りからポジティブキャンペーンへ、明るく生きていこうと変わり始めた時なのです。

by hana-push | 2007-03-03 01:25
2003年 05月 31日
電動歯ブラシコンテスト
■5Dクリニカルミーティング(荒木歯科、足立歯科クリニック、橋本歯科、村井歯科医院のスタッフを中心としたスタデイグループです)
d0157381_0402379.jpg

最近、新聞や雑誌で時々取り上げられているように電動歯ブラシが一種のトレンドになっています。
そのせいなのでしょうか、電動歯ブラシの使用がファッションのように患者さんに広がってきています。
一方、私たち歯科医療従事者は
「電動歯ブラシは手の不自由な人に勧め、一般的には手用歯ブラシが良いと思う」
と電動歯ブラシに否定的な考えの人が多いのです。
私たちのスタデイグループでも同様でした、しかし「電動歯ブラシはなぜだめなんですか?」の質問に誰も答えることができないのです。
私たち歯科医療従事者が実際に電動歯ブラシを使用して比較する、
そしてそこで分かった情報を患者さんに正しく伝えたい・・・・それが電動歯ブラシコンテストを企画した理由です。
現在、日本で発売されている19社30種類の電動歯ブラシの性能をブラッシング後の「プラークの減少率」という視点で比較検討してみました。

【電動歯ブラシコンテストの概要】
各電動歯ブラシの評価は4つの歯科医院に分配して行います。 
評価は各歯科医院でブラッシング実施者1または2名(歯科医、衛生士、  歯科助手)、測定者1名(歯科衛生士)により行います。       
実施者は朝食を欠かさずとり朝食後、昼食後の歯磨きを中止します。
測定は診療時間終了後(夕方)に行います。

【測定の実際】
最初に測定者が実施者の口腔内の染め出しを行います。 染め出しはBUTLER GUM RED-COTEを綿球につけて行います。
測定者が染め出しされた部位を用紙に記載してその数を数えます。 はっきりしない所は探針でとれる部位だけプラークとみなします。
実施者は2分間、2クール法で鏡を見ないでブラッシングを行います。
測定者が染め出しを行い染め出しされた部位を用紙に記載して数を数えます。 データ等はブラインドで実施者には見せないようにします。
測定者は実施前後の染め出された部位の数から減少率の計算を行います。
各電動歯ブラシにおいて1~5を5回行います。     
3回目にはブラッシング前後の口腔内写真を撮影します。(正面観、頬側面間、 咬合面観の合計5枚)

【評価法】
集計用紙に各回数の実施者、測定者、染め出された歯面数(実施前後)
減少率、使用感を記載します。

【評価の実際】
電動歯ブラシの試験をしてくれた人は4つの歯科医院で7名いましたが、代表例として大堀(村井歯科医院:歯科衛生士)さんをとりあげました。
大堀さんは①ACTIBRUSH ②ブラウン3Dエクセル ③クレストスピンブラシ ④デンタルメイト ⑤インタープラークの5つの電動歯ブラシを試験してくれました。
ここではデンタルメイト(サンヨー電機)の評価の実際を見ていくことにします。

d0157381_111575.jpg大堀さんのブラッシング前のプラークの付着(赤く染まったところ)状況です。
朝食と昼食後歯磨きを中止しているので、かなり汚れています。

d0157381_1114579.jpg夕方、デンタルメイト(サンヨー電動歯ブラシ)を使用して2分間ブラッシングをしたあとのプラークの付着状況です。


d0157381_1124373.jpg電動歯ブラシの評価を、磨く前と磨いたあとの「プラークの減少率」で比較していくことにしました。
たとえば、大堀さんがサンヨー電動歯ブラシを使用した場合のプラークの減少率は次のような計算式で出すことが出来ます。

プラークの減少率=(ブラッシング前の汚れている歯面数-ブラッシング後の汚れている歯面数)÷ブラッシング前の汚れている歯面数

この時の、デンタルメイト(サンヨー電動歯ブラシ)のプラーク減少率は60.5%でした。

d0157381_1132960.jpg日を変えて、同じことを5回行います。緑のグラフは大堀さんがデンタルメイトを使用して行ったブラッシングの5回のプラーク減少率を示しています。
黄色のグラフは大堀さんの手用歯ブラシのプラーク減少率の平均値が示されています。

d0157381_114822.gif大堀さんの各歯ブラシ使用時のプラーク除去率(5回の平均値)を比較したものです。
棒グラフが高いほどプラークが良くとれていたことを意味しています。


【電動歯ブラシコンテスト検討会】
約2か月に及ぶ試験が終わって電動歯ブラシの結果が出た時の様子です。
苦労しただけに、皆さんの顔は真剣そのものでした。
30種類の電動歯ブラシは自分たちで購入した物もありますが、
多くはメーカーから無償提供していただいたものです
d0157381_11513.jpg


コンテストの結果は !!

by hana-push | 2003-05-31 00:38