2018年 02月 23日
第20回村井杯ミニバスケットボール大会1
d0157381_14141072.jpg

2月4日と2月18日の2日間にわたって第20回村井杯ミニバスケットボール大会が行われました。
男女とも優勝したのはアルカダシチームでした。男女とも体格・技量ともよく安定した試合運びをしていました。コーチが「男子は大きい選手が今年抜けてしまうので来年は小粒なチームになる」と言っていました。それでも、ここのコーチのこと、どんなチームを作り上げてくるのか楽しみです。






2位のパワフルキッズ女子チームです。
ベンチからの指示をきちっと聞いて選手が考えてプレーをしようとしているのが伝わってくるチームでした。昨年、一昨年と2連覇した男子チームは今年はよくなかったようです、連続して選手を確保していくことは大変なんでしょうね。








半田ヒーローズの男子チームはよく頑張っていたのですが優勝はできませんでした。しかし2位のメダルを首から下げて誇らしげです。
一方昨年優勝した女子チームは今年は苦戦していました。選手がそろわない中コーチは苦労しているのでしょう。女子チームはなんとなく羨ましそうに男子チームを見つめていました。


# by hana-push | 2018-02-23 08:26
2018年 02月 21日
第20回村井杯ミニバスケットボール大会2
d0157381_09243970.jpg女子の1位(アルカダシ)と2位(パワフルキッズ)の試合です。白のアルカダシチームに比べややひ弱に見えた黒のパワフルキッズが善戦していました。
2月4日(大会1日目)の試合では男女共バタバタした試合が多かった印象がありました。攻守共全員が入り乱れたプレーが多くパスミスやキャッチミスなどでのターンオバーが多いなと感じました。
しかし、この試合は「すずめの学校」とは違っていました。フロントコートへのボール運びがシンプルになっているのです。
プロの試合ではガードがボールを運ぶのは当たり前になっていても、ミニバスでは難しいのでしょうね。背の高い子がドリブルが上手く、背の低い子がドリブルが苦手だったりして、コーチが苦労されていることも多いのでしょう。
途中でのターンオーバーを極力減らし、攻めどきには確実に得点パタンに持ち込む。さらにバスケットのレベルを上げていけるように、「選手のみんな、がんばれ!」


# by hana-push | 2018-02-21 10:28
2018年 02月 20日
第20回村井杯ミニバスケットボール大会3
d0157381_12442864.jpg男子の1位(アルカダシ)と2位(ヒーローズ)の試合です。
白のアルカダシチームは身長の高い選手が多く、後半になるにしたがって身長差の優位性を出してくるチームに見えました。このチームを相手にディフェンスを怠ければ相手に楽にプレーさせてしまいます。黄色のヒーローズチームはこのようにディフェンスを頑張るのです。セットオフェンスに持ち込まれないように中域で頑張り、ボールを楽に運ばせないようにがんばっているように見えました。
最後まで競り合う試合で応援のお母さんお父さんには心臓に悪い試合だったことでしょう。初日の試合(2月4日)と見比べても明らかに選手が上手くなっているように感じました。実戦での経験は選手を成長させるようです。
中国と半田市との中学生のバスケットスポーツ交流でも半田の選手が中国の選手との身長差(20cmはあるだろう)に対して試合中にどんどん順応していくのを何度も経験したな〜。




# by hana-push | 2018-02-20 15:02
2018年 02月 19日
第20回村井杯ミニバスケットボール大会4
d0157381_11204158.jpg
2月4日と2月18日の二日に渡って村井杯ミニバスケットボール大会が行われました。
昨年からゲームの合間に、これからを担うチビ選手たちの出番も大切なのでこのようなエキジビションゲームを企画しているのです。この写真をみてください、なんとおおらかなバスケットボールなのでしょう。写っている選手の全員がボールを見ているのです、ボールしか見えないと言う方が正しいのかな、全員です。すばらしい。
ドドドと全員が右に行ったり、左にいったり、すずめの学校。それでも、時々股下ドリブルを見せるチビがいたりして私たちを驚かせるのです。


# by hana-push | 2018-02-19 15:03
2017年 09月 20日
第71回 半田市体育大会バスケットボール競技大会(中学生の部)
d0157381_12314589.jpg
9月9日、10日と9月17日と18日の4日間で参加チームは男子が30チーム、女子が34チームで行われた。優勝は女子が阿久比中学。男子が常滑中学校でした。台風の影響で男子決勝のみが18日に延期されるなどの予定変更がありましたが、今年も無事に終了しました。所用で17日の試合を見ることができませんでしたが、18日の男子決勝戦は観戦することができました。
左写真は優勝した常滑中学校の皆さんです。ずば抜けた得点力を持った4番が中心のチームのようですが、小さなガード陣の頑張りも大したもので、この先が楽しみです。





試合を見ていて強く感じたことは常滑中学校のディフェンスの強さです。インサイドをタイトにマークし、すかさずダブルチームを組みボールを奪いに行く。
そして一試合通じて、体力と集中力を切らさないないのはさすが優勝チームに値します。普段の練習も相当きついのでしょうね、優勝はそれに耐えた選手たちへのご褒美なのでしょう。






一方準優勝の八幡中学校は第一クオーターこそ頑張っていたのですが、徐々に離されていきます。
八幡中学校のディフェンスは相手チームの得点源の4番をこのようにフリーにしてしまいプレッシャーをかけられない場面が多かったのです。
八幡中学校はオフェンスでも相手の強いディフェンスに押し出されフォワード陣がインサイドでボールがキープできなかった。しかし八幡も自分たちのチームの課題も見えたはず、どうそこを頑張ってくるのか期待したいチームです。


# by hana-push | 2017-09-20 07:00